本文へスキップ

魚介類 魚貝類

スポンサードリンク

食べ物の基礎知識 > 魚介類

魚介類concept

魚介類の栄養成分

魚介類の栄養の特徴は、肉類は動脈硬化などの原因になりやすい飽和脂肪酸が多いのに比べて、魚介類には動脈硬化や高血圧の予防に効果のあるとされるEPAやDHAなどのや不飽和脂肪酸が豊富に含まれていることです。

また、魚介類には、タウリンも多く含まれています。タウリンは、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

えびやかになどの赤色の魚介類にはアスタキサンチンが含まれています。アスタキサンチンは、強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制して悪玉コレステロールが血管にこびりつくのを防ぐ働きがあります。


スポンサードリンク


関連項目





食べ物の基礎知識では、食べ物に含まれている栄養成分の性質や効果・効能などの基礎知識について紹介しています。メタボリックシンドロームや生活習慣病などの予防や健康維持を考えて食事をされている方も多いと思います。

いろいろな食べ物の栄養について知っていると、毎日の食事のメニューを考える時に役立つと思い、このサイトを立ち上げました。その他にも病気の予防に役立つ情報なども紹介していきたいと思っています。

当サイトの情報が、見て頂いた方の健康維持や病気の予防、食生活の改善などのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク