糖尿病 予防
食べ物の基礎知識
スポンサードリンク
HOME >> 生活習慣病 >> 糖尿病

糖尿病を予防する食事

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンが不足したり、うまく作用しなくなることで、血糖値が上がる病気です。

インスリンは、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んで、エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄える働きがあります。

インスリンが不足したり作用しなくなると、細胞にブドウ糖が取り込まれなくなることで、ブドウ糖は血液中に留まり、血糖が高くなってしまいます。

糖尿病の原因は遺伝的な要素もありますが、食べ過ぎや運動不足による肥満やストレス、喫煙などの生活習慣が考えられます。

糖尿病を予防する食事は、余分な栄養の吸収を抑えたり、血糖値の急な上昇を防ぐ作用のある食物繊維の多く含まれた野菜や果物、海藻類などの食品を増やすようにします。

糖尿病の種類には、すい臓のインスリンを作る細胞が破壊されて、インスリンが分泌されなくなって起こる1型糖尿病、食事や運動などの生活習慣が誘引となり、インスリン作用が低下する2型糖尿病などがあります。
日本人の糖尿病の9割以上が2型糖尿病です。

糖尿病は、自覚症状がないことが多いので、症状が出るときには、病気が進行していることが多い病気です。主な症状は、喉が渇く、トイレが近い、カラダがだるい、かゆい、目がかすむなどが挙げられます。

糖尿病で怖いのは、神経障害、網膜症、腎症の三大合併症を引き起こすことです。

神経障害は、手足のしびれ、怪我や火傷の痛みに気付かないなどがあります。その他にも、筋肉の萎縮、筋力の低下、胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなどの症状も現れます。

網膜症は、眼底にある網膜の血管が悪くなり、視力が弱くなります。白内障になったり、失明してしまうこともあります。

腎症は、腎臓の糸球体という部分の毛細血管が機能低下し、尿を作れなくなってしまいます。この場合は人工透析を受ける必要があります。

生活習慣病
がん  高血圧  高脂血症  糖尿病  肥満  脳卒中

スポンサードリンク
食べ物の基礎知識では、食べ物の栄養などの基礎知識について紹介しています。

メタボリックシンドローム・生活習慣病などの予防や健康を考えて食事をされる方も多いと思います。

いろいろな食べ物の栄養について知っていると、毎日の食事のメニューを考える時に役立つと思い、このサイトを立ち上げました。

食材別に栄養成分やその効能などについて紹介したいと思います。

その他にも栄養に関する知識や病気の予防に役立つ情報なども紹介していきたいと思っています。

当サイトの情報が、見て頂いた方の健康維持や病気の予防などのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク


■インフォメーション
  リンクについて
  プロフィール

■リンク集
  食べ物・栄養
  健康
  医療
  育児
  暮らし
  自然・環境
  スポーツ
  おでかけ情報
  趣味
  お役立ち

■□ メニュー □■

■栄養の知識
  六大栄養素
  6つの基礎食品群

■食べ物の種類
  肉類・卵
  魚介類
  豆類
  乳製品
  海藻類
  野菜類
  果物類
  穀類・いも類
  種実類
  油脂類・調味料
  飲み物
  その他

■病気の予防
  生活習慣病

■索引
  ア行
  カ行
  サ行
  タ行
  ナ行
  ハ行
  マ行
  ヤ行
  ラ行
  ワ行

Copyright (C)食べ物の基礎知識All Rights Reserved